忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
~マリルの心の羽根~ 好きなこと、楽しいこと、書けるといいな
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ヤマアラシのジレンマ」こういう比喩がある。
いわゆる、人付き合いにおいての、距離感についての例え話。

出会った全ての人と、必ず理解し合える訳ではなくて、
価値観の相違・お互いの相性の良し悪しは、あるかもと思う。
すごく冷めた視点で捉えると、人間関係も、需要と供給の一致・
利害の一致、そういうのが絡んでるかもしれない。

仲良くなりたいと思っても、自分と相手とが、お互いにどのくらい
歩み寄れるか、それが難しかったりする。
自分の価値観や個性を殺してまで、無理して相手に合わせるのは、
対等の人間関係ではないと思うし。

好き嫌いとかで、単純に相手を篩い(ふるい)にかけて、態度を変える。
必要以上の過剰意識で、相手に頭ごなしや見下した態度を取る。
そういうことは、されると悲しいから、自分から相手に対しても、
そういう態度を取ることは、したくないなって思う。

何故だか、どうしても短所のほうに、視点がいってしまいがち。
長所のほうに、もっと視点を向けられたら、きっといいなって思う。
短所だけの人はいないし、短所を補う以上の長所も、きっとあるし。
自分に対して、人に対して、物事に対して、いろんな長所を見つけて、
それを認めたり褒めたり、見習えたり、出来たらいいなって思う。

私は、「思いやり」の気持ちを、持ててるだろうか。
無意識のうちに、誰かを傷つけてしまっていないだろうか。
「歩み寄る」気持ちを、持ててるだろうか。

いつだったか、ある友達といろんなことを話をしてたら、
「マリは、いつも一生懸命だね^^」って言われた。
そうなのかな、自分じゃ分からないんだけど。
「自分のことを、まず忘れちゃだめよ?^^」とも言われた。

うん、そうだね。

拍手[0回]

PR
≪  46  45  44  43  42  41  40  39  38  37  36  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  46  45  44  43  42  41  40  39  38  37  36  ≫
HOME
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール

HN : マリル
誕生石 :
ラピスラズリ/タンザナイト/トルコ石
好きな石 :
ラピスラズリ/ラリマー/スギライト
タンザナイト/アメジスト/
ムーンストーン/アクアマリン
好きな言葉 : ありがとう / 感謝
好きな花 : かすみ草
好きな動物 : ネコ
好きな色 : 青/白/淡い感じの色

パンヤ : レベル アマチュアD
リヴリー占い
ハーボットクロック
togepyアイランド(トゲピー)
お気に入り & 便利サイト
☆★タブブラウザ★☆
Sleipnir
☆★検索サイト★☆
Geogle
☆★フリーソフト配布★☆
窓の杜 Vector
☆★天然石★☆
アナヒータストーンズ
☆★バーチャルペット★☆
Livly Island
☆★オンラインゲーム★☆
【スカッとゴルフ パンヤ】
[公式サイト]
スカッとゴルフ パンヤ
[情報&攻略サイト]
パンヤFAQWiki
パンヤジュークボックス
忍者ブログ [PR]
[[著作権表示 & リンク]]当ブログに掲載しているテキスト・画像等の、引用・転載・複製・加工・配布等は、固くお断り致します。
Copyright (C) 2007 Pure Feather -無垢の羽根- ,All rights reserved.
スカッとゴルフ パンヤ ©2004 Ntreev Soft Co.,Ltd. All Rights Reserved. Exclusive License
©2004 HanbitSoft, Inc., All rights reserved. ©2004 Gamepot Inc., All rights reserved.
Livly Island 『Livly Island』『リヴリーアイランド』は、ソネットエンタテインメント株式会社の商標です。
リヴリーアイランドに関わる著作権その他一切の知的財産権は、ソネットエンタテインメント株式会社に属します。
このサイトは『リヴリーアイランド』およびソネットエンタテインメント株式会社とは一切関係がありません。